ブランディング

価値を高め、強いブランド力づくりのサポート

CIAが考えるブランドづくり

CIAが考えるブランドづくりは会社や商品を、どうやって他社と差別化を図るかを考え実践すること。 ブランディングの最終目的は「モノの価値を向上させること」です。 簡単に言うとお客様に「あ、あの会社のね!」とか「あの商品だね!」と思わせること! なのです。 会社の理念や商品への思いをブランドづくりをとおしてお客様へ伝えましょう。 そのためには会社や商品の見せ方を統一したイメージで伝える事が大切です。 ブランディングは、小さな会社や個人商店でも取り組めます。かかる費用の多い少ないが問題ではありません。ブランディングを意識したプロモーションができているかが重要です。

ブランディングが必要なのは大手だけではありません。

ブランディングは大手の会社が考えること、と思っていませんか。それは違います! 小さな会社ほど存在をアピールしなければ、勝ち目もなく、存在意義すら失ってしまいます。 生き残っていくためには、まさにブランド力を育成・強化していくことが非常に大切なのです。 ブランディングは、小さな会社や個人商店でも取り組めます。 かかる費用の多い少ないが問題ではありません。 ブランディングを意識したプロモーションができているかが重要です。

[ ブランディングがもたらす効果 ]

ブランド力を持っている会社は、ブランド力を持たない会社より圧倒的に経営がうまくいっており、収益性が高いのが特徴です。

ブランディングはプロモーション

会社や商品がお客様にはどう見えているのか、どう見せたら効果的なのか。方法はさまざま。ブランディングの方法は1つではありません。
CIAでは、お客様のブランディング確立を目指し、お客様毎にさまざまなツールで、オリジナリティーあふれるプロモーションを追求します。

ブランディングの 王道は「印刷」です

ブランディングの 王道は「印刷」です

印刷物の力は大きいです。 チラシやポスター、リーフレットでお知らせするのは、インターネットが普及した現代でも、大切です。 まずは、名刺やチラシの様に身近なものから、一度考えてみませんか。 お客様に、どう見られているのかを。

ブランディングはデザインから

ブランディングはデザインから

ロゴマークやカラーリングなど会社や、商品の見せ方を考えましょう。 どの様に表現するのが効果的か…。 思いつきのデザインや、統一感の無いデザインでは、会社のイメージも伝わらないし、記憶にも残りません。 デザインで会社の理念や商品への思いをお客様へ伝えましょう。 一目でどこの会社なのかわかったり、どこの商品かわかるようにブレのない統一したイメージで伝える事が大切です。

効果的なHP(ホームページ)でブランディング

効果的なHP(ホームページ)でブランディング

自社のウェブサイトを活用することは、いまや当たり前。 ウェブサイトを活用した取引が活発化する中で、ウェブサイトを上手に活用して成功する会社もあれば、思ったほどの効果を上げられない会社もあります。 いったいどこに差があるのか。一番気づかなければならないことは、「自社サイトからの情報発信だけでは足りない」ということです。 ブランディングには欠かせないウェブサイト。 ソーシャルメディアや映像など、いろいろな手法で効率的に情報発信を行いましょう!

イベントはブランディングの特効薬

イベントはブランディングの特効薬

ブランディングにおけるイベントはPR内容を直接的に伝えることができる最高の場所です。楽しいイベントで、会社や商品のファンをつくりましょう。 たとえば商品のPRイベントであれば、その商品を実際に目の前でお客様に紹介できます。色、臭い、質感など実際に触れていただくこともできます。 イベントは局地的だからこそ、集客するための工夫がとても大切です。

研修会・講演会

映像でブランディングを後押し!

ブランディングの王道「印刷」といえども画像を動かすことはできません。 動画はパンフレットでは伝えきれない臨場感をだせます。 商品のPR動画や、会社のイベントの様子など、動画でお知らせすると説得力が違います。

見出し装飾

業務実績

WORKS